トップ 葬儀・葬祭ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬祭ガイド葬儀葬祭とは > お葬式の変わった風習

お葬式の変わった風習

お葬式の変わった風習の画像

お葬式の変わった風習をご紹介します。
関西ですが、納棺の際に荒縄を体に巻き、日本酒を1口呑み、ニボシを口にくわえながらするという風習があります。また、お寺でご葬儀をする場合は、お通夜は自宅でして通夜後に納棺をし、夜明け頃にリヤカーに乗せてお寺まで運ぶという風習もあります。

また、お赤飯にまつわる葬儀の風習ですが、現在では結婚式や出産、入学式など、おめでたい時に出されるお赤飯ですが、江戸時代の文献に「赤飯を凶事に用いる事、民間の習わし」とあるそうで、昔は「葬式に赤飯」が常識だったようです。文化庁のまとめた全国調査でも、お葬式にお赤飯を用いる風習は、東北地方から南西諸島に点在し、昔から広範囲にわたって凶事にお赤飯が使われていたことを示しています。なぜお葬式にお赤飯かというのは、小豆の赤い色に関係があるそうです。古くから赤い色が魔力を秘めていると解釈され、小豆の赤い力で不幸の厄払いをしてきたのだそうです。

また浄土真宗では、この世で亡くなられるのは浄土に生まれ変わる、つまり本来は祝うべきことであるので、お葬式に赤飯を炊く風習が残っているという解釈もあるようです。

ある地方では出棺のとき、お位牌等を持った人達が、三回、円を描いてぐるぐる歩く、という変な風習があるといいます。その際、お棺をかつぐ先頭と最後尾の男性は、和紙でできた輪を被って歩くそうです。
私が子供のころ、通夜のあと、「イタコ」に憑依した故人が、遺族にメッセージを残すという変わった風習を体験しました。地方によって、様々な風習があるようです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


葬儀・葬祭ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 韓国のお葬式

韓国のお葬式についてご紹介します。 元々、韓国ではお葬式は自宅でするものでしたが、特に都市部ではアパート暮らしをする家庭が増えてきたせいか、 自宅よりは病院でお葬式を執り行うようになってきました。韓国の大きな病院には斎場が併設(経営は別だそう)されているので、そこで葬儀の全てを行えるようになっています。日本には地域ごとに斎場がありますが、韓国ではあまり見かけません。またお寺や教会などでお葬式をすることもほとんどないようです。 韓国のお葬式の日程は、「三日葬」といって3日間ず

葬儀・葬祭ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。