トップ 葬儀・葬祭ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬祭ガイド葬儀葬祭とは > ペットのお葬式

ペットのお葬式

ペットのお葬式の画像

最近は家族の一員としてペットの死を悼むひとが増えています。
ペットの火葬には「合同」と「個別」の2種類があります。合同火葬とは、他のペットたちと一緒に火葬されますので、お骨は戻ってきません。合同火葬は、ペット葬儀社さんはもちろん、清掃事務所や火葬場などで対応してもらえることもありますので、役所に問い合わせてみましょう。自治体ごとに対応違いますが、費用は数千円です。

個別火葬の場合は、ペットごとに火葬するので、お骨が戻ってきます。ですから、その後の供養なども可能になります 。これは、ペット葬儀社さんにお願いすることになります。 業者が自宅へ引き取りに来て、お骨を届けてくれるといったものや、そのまま業者所有の施設に納骨するというものなど、業者ごとに対応が違いますので、どのような対応になるのかを知った上で、要望にあわせ依頼することが大切です。

今、ペット葬儀社さんは増えているので、インターネットや電話帳で探すと、簡単に見つけられるでしょう。ドン・キホーテがペット葬儀に参入したのも記憶に新しいところです。

各社のサービスも多様で、飼い主のニーズになんとか応えようと、写真プレートや、思い出アルバムを用意したり、セレモニーつきの火葬プランを提供する業者や、ペットロスに配慮した業者なども増えています。
火葬技術もかなり進んでいるようで、火力の調節でミドリガメやハムスターなどの本当に小さな動物もしっかりお骨になるそうです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


葬儀・葬祭ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 韓国のお葬式

韓国のお葬式についてご紹介します。 元々、韓国ではお葬式は自宅でするものでしたが、特に都市部ではアパート暮らしをする家庭が増えてきたせいか、 自宅よりは病院でお葬式を執り行うようになってきました。韓国の大きな病院には斎場が併設(経営は別だそう)されているので、そこで葬儀の全てを行えるようになっています。日本には地域ごとに斎場がありますが、韓国ではあまり見かけません。またお寺や教会などでお葬式をすることもほとんどないようです。 韓国のお葬式の日程は、「三日葬」といって3日間ず

葬儀・葬祭ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。