トップ 葬儀・葬祭ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬祭ガイド葬儀葬祭とは > お葬式でのタブー

お葬式でのタブー

お葬式でのタブーの画像

ここでは、弔問・会葬のタブーをご紹介したいと思います。
まず、喪家に電話をかけるときは、相手の電話使用状況が立て込んでいることを考慮して、余程親しくない限り、長々とお悔やみを言うことは避けます。電話口に出た人に、用件を簡潔に伝えるというのがいいでしょう。
亡くなった直後に弔問に出かけるときは、早々と喪服を着たり、香典を持参しないようにします。いかにも不幸を予期していたようで、かえって失礼に当たります。取り急ぎかけつけたということで、地味な色合いの普段着で、アクセサリー等は外して訪れた方が適当だといえます。が、弔問が翌日になる場合は、喪服で出かけてもよいと思います。

お悔やみを述べるときは、不幸を連想させる忌み言葉、重ね言葉を避けるのが礼儀です。例えば、「重ね重ね」、「返す返す」、「またまた」、「苦しむ」、「迷う」、「浮かばれない」は口にしないようにしましょう。「このたびはご愁傷さまでございます」「ご愁傷さまです。心からお悔やみ申し上げます」などのような常套句でも、心をこめて言えば十分気持ちは 伝わります。

香典袋に描かれている花にも注意が必要です。蓮の花が印刷してあるものは仏式のみ、百合の花が印刷してあるものはキリスト教のみなので気を付けましょう。通夜の席では、やむなく途中で辞去する場合でも、僧侶が読経中は席を立つのを慎みます。また、ご近所づきあい程度なら式が終わった後に退出しますが、僧侶が退席するまで待つのがマナーです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


葬儀・葬祭ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 現在の葬儀屋事情について

現在の葬儀屋事情について知り得る本をご紹介したいと思います。 『死んでも死ねない葬儀屋裏事情』は葬儀屋という立場から、葬儀屋の事情を告発した暴露本です。葬式のプロ「葬儀屋」の「遺族」「下請け業者」「寺」「病院」「警察」などがからむ裏話を、「葬儀屋」として体験した事実をもとに「葬儀屋と遺族との間で起こる様々な人間模様」や「葬儀屋と業者間のドロドロとした実態」など、面白おかしく暴露しています。 『葬式の値段にはウラがある』は、葬儀の費用について、その実情をおしえてくれます。今後

葬儀・葬祭ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。