トップ 葬儀・葬祭ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬祭ガイド葬儀葬祭とは > 現在の葬儀屋事情について

現在の葬儀屋事情について

現在の葬儀屋事情についての画像

現在の葬儀屋事情について知り得る本をご紹介したいと思います。
『死んでも死ねない葬儀屋裏事情』は葬儀屋という立場から、葬儀屋の事情を告発した暴露本です。葬式のプロ「葬儀屋」の「遺族」「下請け業者」「寺」「病院」「警察」などがからむ裏話を、「葬儀屋」として体験した事実をもとに「葬儀屋と遺族との間で起こる様々な人間模様」や「葬儀屋と業者間のドロドロとした実態」など、面白おかしく暴露しています。

『葬式の値段にはウラがある』は、葬儀の費用について、その実情をおしえてくれます。今後40年近くにわたって市場が拡大しつづけることが間違いない、数少ない成長産業。それが葬儀業界です。新規参入する業者も多く、豪華な斎場も続々と建ち上がっています。重要なのは、この業界が現時点では野放しでやりたい放題の商売をしているという現状です。「葬式の値段」というのは、じつは葬儀業界にはびこる悪徳業者が、あの手この手で値段をつり上げているというのです。その実態をくわしく描き、悪徳業者にダマされず、本当に心のこもった葬儀を出すための基礎知識を教えてくれます。

『お葬式―臨終から納骨、法要まで』は、新情報を取り入れた葬儀と法要の万全ガイドです。多様化する現在の葬儀の形態を紹介しつつ、「自分の場合」「家族の場合」「知人の場合」に分け、従来の慣習を踏まえながら、「尊厳死」「ひとりの死」「散骨」「樹木葬」「お別れ会」など、新しい時代の流れを取り入れたお葬式の実用書となっています。



スポンサー広告

ネットショップ広告


葬儀・葬祭ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ お葬式の変わった風習

お葬式の変わった風習をご紹介します。 関西ですが、納棺の際に荒縄を体に巻き、日本酒を1口呑み、ニボシを口にくわえながらするという風習があります。また、お寺でご葬儀をする場合は、お通夜は自宅でして通夜後に納棺をし、夜明け頃にリヤカーに乗せてお寺まで運ぶという風習もあります。 また、お赤飯にまつわる葬儀の風習ですが、現在では結婚式や出産、入学式など、おめでたい時に出されるお赤飯ですが、江戸時代の文献に「赤飯を凶事に用いる事、民間の習わし」とあるそうで、昔は「葬式に赤飯」が常識だ

葬儀・葬祭ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。