トップ 葬儀・葬祭ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬祭ガイド葬儀葬祭の知識 > 喪服の選び方

喪服の選び方

喪服の選び方の画像

喪服の選び方ですが、喪主や遺族・親族は、通夜の席から葬儀・告別式まで喪服を着用するのが、昔からの習慣です。その中で、弔事の装いとして最も正式なものが和装の黒喪服です。地方や宗教によって習慣が違うこともありますが、男性は黒紋付きの羽織袴、女性は黒無地の五つ紋付き(両胸・両そで・背中に染め抜き紋が入ったもの)が正式喪服です。

また、準喪服として、ワンピース、スーツ、アンサンブルやパンツスーツなどのアイテムで、袖丈は5分~長袖、スカート 丈はニー丈(膝丈)~ミディ丈(ふくらはぎ丈)などは、どんな立場の場合でも、広いシーンで着用できる最も一般的な 喪服です。レース使い・織り柄・フリル・リボン等、流行のデザインを取り入れても可です。基本的に、黒無地や地味目 の織り柄、光沢や透け感のないもの等、正喪服に準じた素材がベストですが、夏はコットンボイルやレース素材、冬に はベロアやベルベット等、季節感のあるものでも可です。

略式喪服とは、一般的に略式喪服とされるのは、黒のほかに濃紺やグレーなどの地味目な色のスーツやワンピース です。略式といっても、光沢のあるものや透ける素材・柄ものは避け、飾りのないシンプルなものを選びましょう。スカ ートが苦手という人はパンツスーツでもかまいません。また、同系色で組み合わせるなら、ブラウス+スカートやパン ツといった単品のコーディネートでも略式喪服として通用します。靴やストッキングは正式喪服の場合と同じで黒で統 一するのが無難でしょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


葬儀・葬祭ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ お葬式の変わった風習

お葬式の変わった風習をご紹介します。 関西ですが、納棺の際に荒縄を体に巻き、日本酒を1口呑み、ニボシを口にくわえながらするという風習があります。また、お寺でご葬儀をする場合は、お通夜は自宅でして通夜後に納棺をし、夜明け頃にリヤカーに乗せてお寺まで運ぶという風習もあります。 また、お赤飯にまつわる葬儀の風習ですが、現在では結婚式や出産、入学式など、おめでたい時に出されるお赤飯ですが、江戸時代の文献に「赤飯を凶事に用いる事、民間の習わし」とあるそうで、昔は「葬式に赤飯」が常識だ

葬儀・葬祭ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。