トップ 葬儀・葬祭ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬祭ガイド葬儀葬祭の知識 > 葬儀サービスの心がけ

葬儀サービスの心がけ

葬儀サービスの心がけの画像

葬儀サービスの心がけですが、やはりご遺族の心中を察する心がけは大切です。
故人には、突然亡くなった方もいれば、長年病床に伏していた方もいらっしゃいます。残されたご遺族はただ動揺し、何から手をつけていいのか分からない状態でいることは、誰でも変わりません。そんな状況をよく理解し、現実的かつ故人との最後のお別れにふさわしい 葬儀を計画しなくてはなりません。短時間でお見送りまでの一切を計画し、ご遺族の了解をとるためには、親身になった心配りと綿密なご相談が必要となってきます。そして、そのような慌ただしい中でも故人らしく、ご遺族様にもご満足いただける葬儀を行なう為に、細かい情報を集めることがとても重要です。

葬儀サービスの心がけとして、まず、ご遺族から詳細にお話をお聞きするところから始めるということは、基本的なことでしょう。故人の好きだった物などをうかがって、お料理は調理部、お花は生花部といったように各部門に専門のスタッフでご 遺族のご要望に応えます。見積や打ち合わせの担当者が中心になって、ご遺族のお話をお聞きしますが、各部門の担当者も直接お話をしてご要望を聞くということも、大切なことです。ご遺族の現状に無理のない、しかも故人の生前の人となりを最大限に考慮した葬儀、それは一重に葬儀サービスの腕にかかっているといっても過言ではないでしょう。

お通夜から葬儀が終わるまでの2日間は、故人の好きだったものをちりばめ、故人を偲んで思い出などを語ってもらう 。そんな良い葬儀を執り行うことが葬儀サービスの務めなのです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


葬儀・葬祭ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 映画『寝ずの番』

中島らも原作のこの作品は、日本では、通夜に死人と一晩過ごしてあの世に送り出す『寝ずの番』という習慣があるが、この映画では、上方落語の重鎮(監督の兄でもある長門裕之が演じる)が亡くなり、その通夜に集まった弟子(中井貴一)ら、一癖もふた癖もある連中の、果てしないバカ騒ぎを描いています。 いい大人がオンナ自慢をはじめたり、不謹慎にも死体を引っ張りだしてダンスをはじめたり、挙句の果てにはエロ歌三味線対決なんぞを本気ではじめてしまったり、本来はこうした通夜を笑いにするのは不謹慎な話

葬儀・葬祭ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。