トップ 葬儀・葬祭ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬祭ガイド葬儀葬祭の知識 > 葬儀とお茶

葬儀とお茶

葬儀とお茶の画像

葬儀とお茶の関係について、お話します。
お葬式に行くと、喪主の挨拶状とともにお茶を渡されることが、最近とくに多くなったような気がします。もともと仏事にお茶はつきものというような感じがあります。たとえばお茶湯(ちゃとう)といって、仏前にお茶を供えることは広く行われていますし、徳島県あたりでは、小さな手桶にお茶を入れてお供えしたりしますが、この桶を茶湯桶と呼んでいます 。

お茶はもともと禅の修行と深い関係があります。そして日本では、葬儀はお寺で行っうので、自然に仏事とお茶とが関 係を持つようになったとも考えられます。
それから、「棺桶にお茶を詰める」という話もよく聞きます。それは死臭を防ぐためだとされ、お茶がもっている消臭効 果が役立っているようです。

さらにいえば、お茶は、境界を区切る象徴的な意味をもっていることとも関係があります。昔は垣根にお茶の木を植えてる家が多くありました。茶の木は畑や屋敷境の目印になりましたし、お茶を飲むことがある境を越えるという宗教的な意味をもつことがあったのです。たとえば、ある家を訪れた時、お茶が出れば、その家に受けいれてもらえたことを表します。つまり茶を飲むことは境界を越えることを示すことになります。人が亡くなり、この世からあの世に旅立つ、その境を越えることが、お茶によって示されるのです。葬式にお茶を配るのは、本来はその場でお茶を飲んでもらうという意味があったのでしょう。

お茶を配ることで故人との別れを確かなものにする、香典返しのお茶にはそんな意味が込められていたようです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


葬儀・葬祭ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 喪服の選び方

喪服の選び方ですが、喪主や遺族・親族は、通夜の席から葬儀・告別式まで喪服を着用するのが、昔からの習慣です。その中で、弔事の装いとして最も正式なものが和装の黒喪服です。地方や宗教によって習慣が違うこともありますが、男性は黒紋付きの羽織袴、女性は黒無地の五つ紋付き(両胸・両そで・背中に染め抜き紋が入ったもの)が正式喪服です。 また、準喪服として、ワンピース、スーツ、アンサンブルやパンツスーツなどのアイテムで、袖丈は5分~長袖、スカート 丈はニー丈(膝丈)~ミディ丈(ふくらはぎ丈

葬儀・葬祭ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。