トップ 葬儀・葬祭ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬祭ガイド葬儀葬祭の知識 > 神式による葬儀

神式による葬儀

神式による葬儀の画像

神式による葬儀をご紹介します。
神式の場合、臨終から故人が一家の守護神として祭られるまでの、すべての儀式を「神葬祭」と呼びます。
神式では、故人の遺体は墓に納めますが、その霊は祖先の霊と共に家にとどめ、一家の守護神(氏家)として祭られます。

また、神式葬儀は死を汚れとするため、神社ではなく自宅か斎場で行います。不祝儀袋(仏式でいうところの香典袋)は白色のシンプルなものを、水引は黒と白の結び切りのものを用意するようにします。表書きは「御霊前」あるいは 「御神前」「御玉串料」とするのが一般的です。葬儀に参列する際の服装は一般の喪服で問題ありません。なお、数珠は使用しません。

手水(ちょうず) という儀式があります。これは、神式の通夜・葬儀・納棺の儀の前に行われ、参列者の身を清めるために行われます。儀式の手順は、右手でひしゃくを持ち水をくみ、左手に水をかけ、ひしゃくを左手に持ちかえて、右手にも水をかけます。そして、ふたたび右手にひしゃくを持ち替えて、水を左手で受けて口をすすぎます。最後に懐紙で口と手をふきます。懐紙がなければ、代わりにハンカチを使いましょう。

次に玉串奉奠(たまぐしほうてん)という儀式があります。これは、仏式の焼香にあたる儀式で、榊(さかき)の枝に紙片がついた玉串を祭壇に捧げます。神霊が宿っているとされ、故人の霊を慰めます。玉串を供えたら、二礼二拍手一礼 をしますが、このときの二拍手は「しのび手」と言って神社参拝の時と違って音を立てず、手のひらを合わせる直前で止めるようします。



スポンサー広告

ネットショップ広告


葬儀・葬祭ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 神式による葬儀

神式による葬儀をご紹介します。 神式の場合、臨終から故人が一家の守護神として祭られるまでの、すべての儀式を「神葬祭」と呼びます。 神式では、故人の遺体は墓に納めますが、その霊は祖先の霊と共に家にとどめ、一家の守護神(氏家)として祭られます。 また、神式葬儀は死を汚れとするため、神社ではなく自宅か斎場で行います。不祝儀袋(仏式でいうところの香典袋)は白色のシンプルなものを、水引は黒と白の結び切りのものを用意するようにします。表書きは「御霊前」あるいは 「御神前」「御玉串料」

葬儀・葬祭ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。