トップ 葬儀・葬祭ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬祭ガイド世界の葬儀葬祭 > 韓国のお葬式

韓国のお葬式

韓国のお葬式の画像

韓国のお葬式についてご紹介します。
元々、韓国ではお葬式は自宅でするものでしたが、特に都市部ではアパート暮らしをする家庭が増えてきたせいか、 自宅よりは病院でお葬式を執り行うようになってきました。韓国の大きな病院には斎場が併設(経営は別だそう)されているので、そこで葬儀の全てを行えるようになっています。日本には地域ごとに斎場がありますが、韓国ではあまり見かけません。またお寺や教会などでお葬式をすることもほとんどないようです。

韓国のお葬式の日程は、「三日葬」といって3日間ずっと行われます。日本では何時に何をするといったスケジュール がきちんと決まっていて、その上、司会進行役までいるので、時間通りに進められていくのですが、韓国ではそういうことはなく、時間的ゆとりの中で、お葬式は行われます。お葬式というよりは、告別式が3日間行われるといった感じですね。

お葬式の作法は基本的に儒教式ですが、祭壇には般若心経の書かれた屏風にお線香、そして十字架が置かれていたりする場合あり、宗教的な取り決めはないようです。それは、どの宗教の弔問客が来てもいいようにという配慮だそうです。

仏教徒であっても、お坊さんがお葬式の決まりごとのようにお経をあげるといったことはないようです。祭壇もシンプルで大きな花輪もあまり見かけません。焼香、または献花を済ませた弔問客には食事が出されます。食事は別の場所でするのですが、そこでは悪鬼が来ないようにと、お酒を飲んだり、花札したりしてわざと騒ぐという風習があります。



スポンサー広告

ネットショップ広告


葬儀・葬祭ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ペットのお葬式

最近は家族の一員としてペットの死を悼むひとが増えています。 ペットの火葬には「合同」と「個別」の2種類があります。合同火葬とは、他のペットたちと一緒に火葬されますので、お骨は戻ってきません。合同火葬は、ペット葬儀社さんはもちろん、清掃事務所や火葬場などで対応してもらえることもありますので、役所に問い合わせてみましょう。自治体ごとに対応違いますが、費用は数千円です。 個別火葬の場合は、ペットごとに火葬するので、お骨が戻ってきます。ですから、その後の供養なども可能になります 。

葬儀・葬祭ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。