トップ 葬儀・葬祭ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬祭ガイド世界の葬儀葬祭 > アメリカのお葬式

アメリカのお葬式

アメリカのお葬式の画像

アメリカのお葬式について、ご紹介します。
アメリカには、日本で行われているような互助会システムはありません。ですから、自分のお葬式を自分が生きているうちに契約して、自分で準備するシステムが主となります。お葬式の生前契約時、葬儀ディレクターとお葬式の細かい部分、遺体の着る事になるドレスや、お葬式の花に至るまで決めていきます。

以前のアメリカのお葬式は、教会で行われ、墓地も教会の墓地ということがほとんどでしたが、近頃は、葬儀業者でのお葬式が増え、教会でのお葬式はわずか5%程度になっています。葬儀業者でのお葬式は、葬儀業者の経営する公園墓地の中に建てられた、フューネラル・ホームで行われます。アメリカのお葬式は合理的なシステムで支えられていますが、根底には故人を思う心から、最後のお別れを前向きに受け止めようとする考えがあります。

葬儀業をアメリカで行う場合、エンバーミングの資格と葬儀ディレクターの資格が無ければ出来ません。
同じアメリカでも、ハワイでのお葬式は、生きていた事を記念する意味を持つお葬式になります。唄やフラダンス、スライド、ビデオショーまで行います。ハワイでのお葬式で特徴的なのが、お葬式の服装です。日本や、多くの国のように 黒ずくめではなく、色とりどりで、アクセサリーも、沢山付けて構いません。最近では、遺族がお揃いの服装で、お葬式に出るというのが流行っているようです。ハワイでは、棺の中の遺体も、マイレレイ等、色とりどりのレイで飾られ、棺 にも多くのレイが掛けられます。

アメリカの中でも、ハワイは特別なお葬式の形態を持っているようです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


葬儀・葬祭ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 韓国のお葬式

韓国のお葬式についてご紹介します。 元々、韓国ではお葬式は自宅でするものでしたが、特に都市部ではアパート暮らしをする家庭が増えてきたせいか、 自宅よりは病院でお葬式を執り行うようになってきました。韓国の大きな病院には斎場が併設(経営は別だそう)されているので、そこで葬儀の全てを行えるようになっています。日本には地域ごとに斎場がありますが、韓国ではあまり見かけません。またお寺や教会などでお葬式をすることもほとんどないようです。 韓国のお葬式の日程は、「三日葬」といって3日間ず

葬儀・葬祭ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。