トップ 葬儀・葬祭ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬祭ガイド映画に見る葬儀葬祭 > 映画『おくりびと』

映画『おくりびと』

映画『おくりびと』の画像

映画『おくりびと』を通して、日本における納棺士という仕事を考えてみたいと思います。
『おくりびと』は、ひょんなことから遺体を棺に納める“納棺師”となった男が、仕事を通して触れた人間模様や上司の 影響を受けながら成長していく姿を描いた感動作です。一見近寄りがたい職業、納棺師に焦点を当て、重くなりがちな テーマを軽快なタッチでつづり、大ヒットしました。ただ、「納棺士」という専門職はなく、現在は「納棺の仕事をする葬儀葬祭サービスの職員」というのが実情のようです 。

納棺師(のうかんし)は、死者を棺に納めるために必要な作業をする人のことをいいます。これまでは世間の死に対する軽視した価値観が強かったため、存在自体なかなか知られていませんでした。アメリカなどではエバーミングという 技術・仕事が近いといえます。最近では納棺師を目指す者が若年層を中心に増えてきているそうですが、簡単に言うと御遺体を棺におさめる仕事なんですが、仏衣に着せ替えたり、化粧を施したり、遺体の状態を保つために処置をしたり最近ではシャワー湯灌といって御遺体をお風呂にいれてあげたりといった仕事内容なので、生半可な気持ちで出来る決して楽な仕事ではありません。

劇中のような綺麗な仕事だけではなく、時には誰もが嫌がることをしなければなりません。また、沐浴・死化粧・お着替えなど納棺の作業をご遺族でする場合もありますが、いずれも故人を慈しみ残された遺族の思いを尊ぶといった大切な仕事だと言えるでしょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


葬儀・葬祭ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 映画『お葬式』

お葬式を扱った映画といえば、伊丹十三の初監督の初作品『お葬式』が有名です。 お葬式という暗いタイトルにもかかわらず、作中には否応無く葬儀に巻き込まれた関係者の戸惑いが、丁寧かつコミカルに描かれ、笑いが溢れており、 そのギャップが大きな話題を呼んで、大ヒットを記録しました。足をしびらせてズッコけるシーンなど、お葬式で遭遇しそうなずっこけなところがおかしかった記憶があります。 この映画にでてくる家族同様、初めて自分でお葬式をだすとなると、なにかと勝手がわからず、不敵輪が生まれる

葬儀・葬祭ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。