トップ 葬儀・葬祭ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬祭ガイド映画に見る葬儀葬祭 > 映画『お葬式』

映画『お葬式』

映画『お葬式』の画像

お葬式を扱った映画といえば、伊丹十三の初監督の初作品『お葬式』が有名です。
お葬式という暗いタイトルにもかかわらず、作中には否応無く葬儀に巻き込まれた関係者の戸惑いが、丁寧かつコミカルに描かれ、笑いが溢れており、 そのギャップが大きな話題を呼んで、大ヒットを記録しました。足をしびらせてズッコけるシーンなど、お葬式で遭遇しそうなずっこけなところがおかしかった記憶があります。

この映画にでてくる家族同様、初めて自分でお葬式をだすとなると、なにかと勝手がわからず、不敵輪が生まれるものです。葬儀を経験したことのある者なら実によくわかるエピソードが満載ですが、やがては人間讃歌をかなであげていく手腕がお見事だといえます。

葬儀屋さんとの打ち合わせ、数珠の購入、など、日本のお葬式の風景を醒めた視点から描いています。参加者が撮影したという設定の白黒のシーンも印象的です。式の準備が一通り終わって、しばらくぶりに再会した親戚の女性たちが楽しそうに屋根に登り、亡くなった老人の奥さんまで子供みたいにはしゃいでいます。確かに、葬式では久しぶりの親戚との再会が妙になつかしくもあり楽しくもあるものです。

普段、なにげなく、自然と行っている葬式なるものの不可解さ、可笑しさをそのディテールスを丁寧に描くことで、監督の狙い通り、喜劇ではないが、リアリティがあって、可笑しみのある新しい日本映画の世界を構築した記念碑的な作品となっています。



スポンサー広告

ネットショップ広告


葬儀・葬祭ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ グリーフワークとは?

グリーフワークという言葉を、まだご存じない方も多いと思います。人は死別などによって愛する人を失うと、大きな悲しみである「悲嘆(GRIEF)」を感じ、長期にわたり特別な精神の状態の変化を経ていきます。遺族が体験し、乗り越えなければいけないこの悲嘆のプロセスのことをグリーフワークといいます。 身近な人を失った直後は、心が大怪我をしたような状態になっているのですが、やがて自然に治癒の方向に向かい ます。遺族はやがて、故人のいない環境に適応し、新しい心理的・人間的・社会経済的関係

葬儀・葬祭ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。