トップ 葬儀・葬祭ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬祭ガイド東京都 > 株式会社マナカ

株式会社マナカ

株式会社マナカ

心からの「ありがとう」を伝えるお葬式を

「わたしの大切なひとのお葬式。忙しすぎて正直、覚えていません。」
というお声がほとんどです。

ご臨終から、お通夜、告別式とあわただしい数日間。

ご家族とのたった一度の大切なお別れを、ゆっくりと心からの「ありがとう」を伝えるお葬式にしませんか。

株式会社マナカ:DATA
住所〒181-0012
東京都三鷹市上連雀4丁目6-3
電話0422-24-3800
FAX0422-24-3802
URLhttp://www.manaka-net.com/houmumats/
営業年中無休、24時間営業 
駐車場3台 
ショールーム向かい けやき駐車場の6番・7番・10番をご利用下さい。
業種会館・ホール、会場設営、貸衣裳、貸花環、火葬場、斎場、寺院用具店、神具店、寝台自動車、生花店、石材販売、石碑販売、造花・装飾・花環、造花店、葬儀業、葬儀用品販売、葬祭業、納骨堂、花環店、仏壇・仏具店、墓石販売、料理仕出し、霊園
アクセス(最寄駅)
○JR中央線・総武線・三鷹駅・南口出口徒歩10分
(バス)
○三鷹第三小学校前停留所・1分
○三鷹八幡神社前停留所・1分
(その他)
三鷹通り沿い、八幡神社・ガスト側
お役立ち情報◆わかりやすいご葬儀資料をご用意!
全エリア資料を翌日配達します。ホームページの資料請求フォームよりお申し込みください。

◆カンタンお見積り!
ホームページにアクセスすると、画面から直ぐにお見積もりをとることができます。

◆「24時間365日ご相談は無料で承ります」
専門オペレーターが、ご葬儀・仏事に関するご相談を伺い、親身なご説明させていただきます。

株式会社マナカの地図

東京都三鷹市上連雀4丁目6-3

株式会社マナカの詳細をご紹介!

マナカでは安心して、ご葬儀に臨んでいただけますように、祭壇から、火葬料金、料理、返礼品までご葬儀に必要なもの全てを含んだ適正価格でご提供しております。
また、家族葬・一般葬・大型葬・社葬まで全てに対応しております。

他社と内容をお比べください!(詳しくは弊社ホームページまで)


■まず、ご遺族様と時間をかけてお話しすることからはじめます。
大切な方のご臨終から火葬までの数日間は、あっという間にあわただしく過ぎてしまいます。
そして、その多くの時間は、親族や参列者への配慮、食事等の人数把握、焼香順位などのお葬式の様々なご準備に費やし、奔走されてしまう事がほとんどです。
しかし、その時間はご遺族様にとって亡き故人様とふれあい、思い出を偲ぶ大切な最後の時間であるはずです。
私たちマナカが、ご遺族様と時間をかけてお話しをさせて頂くというのは、そんな時間をゆっくりと大切にして頂きたい為に他なりません。

■心からの「ありがとう」を伝えるお葬式をお手伝いたします。
「形式通りの葬儀はいやだ」「棺に一緒に入れてほしいものある」「こんな音楽が好きだった」「ホテルの手配をしてほしい」「追加費用が心配だ」など、お葬式にはご遺族様によって様々なご要望やご不安な点がたくさんあります。
そんなひとつひとつにお応えし、ご遺族様が安心してゆっくりと最後のお別れができるように最大限のお手伝いをさせていただくのが私たちマナカの考えです。
ご遺族様の、たった一度の大切な最後のお別れに、ゆっくりと心からの「ありがとう」と伝えられるお葬式をお約束します。

■最上質のこだわりの品々で、ご葬儀を彩ります。

【祭壇】
弊社専属の祭壇デザイナーが、オーダーメイドの花祭壇はもちろん、お客様のエピソードやご趣味にあわせてその人らしさにこだわった祭壇を創作します。

【お棺】
厳選された木材から一貫製品造りを実施して、常に信頼性の高い製品を、安定して供給できる国内メーカーのお棺を使用しています。

【料理】
「食材・衛生管理・おもてなし」にこだわった、当社提携の老舗料理店が心をこめてつくりだす、四季折々の最高の味をご堪能ください。

【会葬返礼品】
茶産地にもこだわり静岡牧之原台地の最高品質の「やぶ北」をお求めやすい価格でご用意させて頂きました。当社提携の茶工場直送の銘茶を御礼品としてご利用ください。



スポンサー広告

ネットショップ広告


葬儀・葬祭ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 葬儀での失敗談

葬儀での失敗談をご紹介したいと思います。 「3月のはじめに親類の葬式に、四歳の子供をつれて出席したときのことです。いきなり「ひな祭りの歌」を大声で歌いだされてギョっとしました。最近保育園で覚えた歌です。遺影のそう言えばひな祭りの段飾りと似ていますよね」かわいい失敗談ですね。子どもにとっては、沢山のお花に囲まれて、楽しそうだと感じてしまったのかもしれませんね。 「北島三郎の熱狂的なファンだった叔父の葬儀でのこと。いざ出棺となったとき、突然北島三郎の「祭り」が流れ始めました。し

葬儀・葬祭ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。