トップ 葬儀・葬祭ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬祭ガイド広島県 > 株式会社大田葬祭

株式会社大田葬祭

株式会社大田葬祭

心温まる式典を真心を込めてお世話致します。

大田葬祭では創業110年の経験と実績で、施主様のご要望に応じた思い出に残るお別れを、場所を問わず迅速に真心を込めて演出します。長い伝統の中で各宗派各寺院さまより高い信頼を得ております。

また、休日はもちろん365日24時間体制で
ご相談を受付けております。
◎フリーダイヤル 0120-251-844

株式会社大田葬祭:DATA
住所〒734-0015
広島県広島市南区宇品御幸3丁目7-42
電話082-251-0844
FAX082-252-0668
URLhttp://www.ota-sousai.jp/
営業年中無休、24時間受付
駐車場20台 
業種寝台自動車、生花店、葬祭業、花環店
アクセス(最寄駅)
○広電宇品線宇品3丁目電停・徒歩3分
(バス)
○御幸3丁目停留所・徒歩1分
お役立ち情報◆まごころの会 会員募集中 (詳しくはホームページをご覧ください)
・入会金1万円のみで生涯有効 ご家族もご利用になれます。
・葬儀及びその他の特典も充実した安心とお得な会員制度です。
 (例 葬儀基本価格10%割引 柩・骨壷・会葬品割引 他 )

株式会社大田葬祭の地図

広島県広島市南区宇品御幸3丁目7-42

株式会社大田葬祭の詳細をご紹介!

◆年中無休・24時間受付 寝台車常備(遠近を問わずご遺体の搬送のみも承ります)

◎あわてず・・・・お電話ください
◎フリーダイヤル 0120-251844

ご家族のご不幸の際はあわてずお電話でお知らせください。
ご遺族に成り代わり、真心を込めてお世話させていただきます。

葬儀の流れ
1.お電話でご依頼
2.ご還送(ご自宅・大田会館等ご指定の場所へ寝台車で搬送します)
3.ご葬儀内容の打ち合わせ(見積書を作成しご確認いただきます)
4.飾り付け・役所への諸手続き代行
5.お通夜
6.ご葬儀(告別式)
7.出棺
8.火葬・収骨
9.法要(還骨・初七日法要等)


《当社葬儀式場「大田会館」のご案内》
●1階ホール/椅子席30~60名様
●2階ホール/椅子席50~100名様
●3階 和室2部屋/各部屋着席10~30名様
●昼夜を問わず、直接入館できます
●通夜宿泊可・冷暖房完備
●一時ご安置も承ります
●寝台車・霊柩車(リムジン・宮型) 常備
●クレジットご相談に応じます

《「まごころの会」会員募集中》

「まごころの会」とは、加入者及びご家族の方の葬儀の際、弊社が確かな知識とノウハウ・安心な料金でお手伝いさせていただくための会員システムです。
「まごころの会」は一般の互助会とは異なる安心・お得なシステムで、入会時に1万円お支払い頂くだけで毎月の積立金・年間費は一切不要です。
入会金のみで大きな割引サービス・特典が生涯ご利用いただけます。

特徴1.入会金は1万円のみ!!・・・毎月の積立金・年会費等は一切不要
特徴2.会員資格は生涯有効!!
 (ご契約者様、一親等のご家族の方の葬儀施行で契約満了となります。葬儀以外の特典は継続します。)
特徴3.ご家族でご利用ください!!入会時登録のご家族の皆様(一親等まで)
特徴4.葬儀に関する特典!!
   ・葬儀基本価格・・・・10%割引
   ・大田会館使用料・・・・30%割引
   ・お棺、骨壷、白衣、遺影撮影、会葬御礼品等・・・5%割引
   ・お供え果物、看板類、後飾り祭壇等 無料サービス多数
   ・会葬礼状100枚無料サービス(当社指定の礼状)
   ・喪中はがき100枚まで無料作成
特徴5.さらに葬儀以外の特典も充実!!(当社通常価格より)
   ・御供花の生花、花輪(当社施行時)・・・・10%割引
   ・開店祝い等お祝い用の生花スタンド・・・・10%割引
   ・ご法要時の品物を含めお中元、お歳暮(当社カタログ内より)・・・10%割引
   ・ご法要、お別れ会などの案内状、印刷作成・・・・印刷代10%割引
   ・当社展示販売商品(お数珠・お線香セット等)・・・・全品10%割引
   ・協賛店にて各種サービスが受けられます(会員証提示の場合)

その他詳しくはお問い合わせ下さい フリーダイヤル 0120-251844



スポンサー広告

ネットショップ広告


葬儀・葬祭ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ お葬式でのタブー

ここでは、弔問・会葬のタブーをご紹介したいと思います。 まず、喪家に電話をかけるときは、相手の電話使用状況が立て込んでいることを考慮して、余程親しくない限り、長々とお悔やみを言うことは避けます。電話口に出た人に、用件を簡潔に伝えるというのがいいでしょう。 亡くなった直後に弔問に出かけるときは、早々と喪服を着たり、香典を持参しないようにします。いかにも不幸を予期していたようで、かえって失礼に当たります。取り急ぎかけつけたということで、地味な色合いの普段着で、アクセサリー等は外

葬儀・葬祭ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。